打楽器アンサンブルで音楽楽しむ 二戸市立仁左平小

打楽器を間近で見る児童
打楽器を間近で見る児童
二戸市立仁左平小(荒川優子校長)でこのほど、「打楽器アンサンブル」が開かれ、全校生徒36人が打楽器の多彩な音色に触れた。 新型コロナウイルスの影響で行事が中止・縮小される中、児童が高い技術を持つ奏者の音楽に触れつつ、楽しめる機会をつくろうと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録