【情報滞留行政】八戸市長「自治法に沿い対応」 取材拒否の正当性主張

会見する小林眞八戸市長=17日、市庁
会見する小林眞八戸市長=17日、市庁
極端な利用低迷で赤字が続いている八戸市第3魚市場荷さばき施設A棟の詳細な収支を市議会の決算認定まで取材に明かさなかったことについて、小林眞市長は17日の定例会見で「地方自治法の規定に沿って対応している」と述べ、取材を拒んだことの正当性を主張.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら