Free太子食品工業(三戸町)がイメージキャラクターに「りんご娘」起用 80周年記念、謝恩キャンペーンも実施

太子食品工業のイメージキャラクターに起用された「RINGOMUSUME(りんご娘)」(同社提供)
太子食品工業のイメージキャラクターに起用された「RINGOMUSUME(りんご娘)」(同社提供)

三戸町の太子食品工業(工藤茂雄社長)は17日、創業80周年を記念し、企業イメージキャラクターに青森県のご当地アイドル「RINGOMUSUME(りんご娘)」を起用すると発表した。りんご娘が登場するテレビCMを放映するほか、商品に写真を表示。謝恩プレゼントキャンペーンも実施予定で、同社は「りんご娘と共に80周年の感謝の気持ちを発信したい」としている。
 同社は1940年創業の大豆加工食品メーカー。業界標準となった小分けパック納豆、無菌に近い製造工程によって賞味期限を延ばした豆腐「一丁寄せ」の開発などで知られる。
 今回のりんご娘の起用について、同社は「りんご娘は明るさと爽やかさが魅力で、幅広い層から人気がある。会社の求めるイメージにも合致している」と説明する。
 10月1日から放映が始まるテレビCMは4人が同社の商品を使って料理や食事を楽しむシーンが展開。「コロナ禍の中で、見た人が元気になる内容になっている」という。
 謝恩プレゼントキャンペーンでは、対象10商品にりんご娘と「80周年マーク」を表示。同マークを集め、はがきに貼って応募すると、抽選で合計800人にシャモロック鍋詰め合わせや、りんご娘オリジナルグッズなどが当たる。期間は10月1日~12月31日。