【再処理工場】封印ワイヤ破断、規制庁が現場確認へ

使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の核物質管理用の封印ワイヤが破断していた問題で、原子力規制庁は16日、事業者の日本原燃がこれまで示してきた再発防止策の実効性を確認するため、規制庁職員が現場に立ち会い、教育の記録などを確認すると明らかにし.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら