八戸市庁前ロータリー改修へ 

八戸市庁前ロータリーの改修後のイメージ。市民に親しまれる小便小僧は残される(市道路維持課提供)
八戸市庁前ロータリーの改修後のイメージ。市民に親しまれる小便小僧は残される(市道路維持課提供)
八戸市は15日、市庁前ロータリーを改修すると明らかにした。老朽化に伴うもので、噴水を撤去するほか、市民に親しまれる小便小僧の塗装や台座交換などを行う。本年度中の事業完了を目指す。 市道路維持課によると、同ロータリーは1935年に整備。小便小.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら