8500万年前の琥珀に新種のコケ見つかる/久慈

久慈産琥珀に含まれていた新種のクジフタマタゴケ(久慈琥珀博物館提供)
久慈産琥珀に含まれていた新種のクジフタマタゴケ(久慈琥珀博物館提供)
久慈琥珀(こはく)博物館(新田久男館長)は10日、同館の採掘場で見つかった白亜紀後期(約8500万年前)の琥珀に新種のコケが入っていたと発表した。国内外に広く生息しているフタマタゴケの一種で、現代では絶滅した種とみられる。産地にちなんで「ク.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら