「まるで生きているよう」南部・福地小で「劇団角笛」公演 手影絵体験も

スクリーン裏で手影絵を体験する児童
スクリーン裏で手影絵を体験する児童
南部町立福地小(松橋隆夫校長)で2日、影絵専門の「劇団角笛」(東京都)の公演が行われた。児童はスクリーンに展開される物語を見たり、手影絵を体験したりして、芸術に親しんだ。 公演は文化庁の「文化芸術による子供育成総合事業」の一環。7月には5、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら