第三中とおおぞら小、津波の合同避難訓練実施/三沢

一緒に歩く児童を気に掛けながら避難訓練に臨む生徒(手前右)
一緒に歩く児童を気に掛けながら避難訓練に臨む生徒(手前右)
三沢市立第三中(松木信嘉校長)と市立おおぞら小(眞石卓生校長)は3日、大津波の発生を想定した避難訓練を合同で実施した。児童・生徒計約140人が、隣り合う両校から内陸方向に約4キロ離れた道の駅みさわを目指し、徒歩での移動を体験。万が一の事態に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら