実習船「青森丸」が出航 2カ月間、漁など励む/八戸水産高

航海実習へ向かう八戸水高の実習生を見送る保護者ら
航海実習へ向かう八戸水高の実習生を見送る保護者ら
青森県立八戸水産高(福嶋信校長)の水産工学科2年の34人、専攻科漁業科、同機関科18人ら計74人が乗り込んだ実習船「青森丸」(660トン)が3日、日本東部海域へ向けて出航した。実習生は2カ月間にわたってマグロはえ縄漁などに励む。 例年は米国.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら