【新型コロナ】岩手県、感染初確認から1カ月/家庭内感染相次ぐ

岩手県内で初めて感染が確認されてから約1カ月。家庭内での感染が相次いでいる(写真はコラージュ。上は久慈地域外来・検査センターの開設リハーサルの様子。下は岩手県新型コロナウイルス対策本部員会議)
岩手県内で初めて感染が確認されてから約1カ月。家庭内での感染が相次いでいる(写真はコラージュ。上は久慈地域外来・検査センターの開設リハーサルの様子。下は岩手県新型コロナウイルス対策本部員会議)
新型コロナウイルスの感染者「ゼロ」が続いていた岩手県で、感染が初めて確認されてから約1カ月が経過した。初めて感染者が出た7月29日から今月2日までの県内の感染者数は計22人。発生当初は感染者からの広がりが最小限に抑えられていたが、最近は家庭.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら