白山台自主防災会がコロナ禍の防災訓練 「3密」配慮した避難所開設

ソーシャルディスタンスを意識して、避難所を設営する参加者
ソーシャルディスタンスを意識して、避難所を設営する参加者
新型コロナウイルス禍で災害が発生した時に備えようと、八戸市の白山台連合町内会自主防災会(嶋津明会長)が8月29日、白山台公民館で防災訓練を行い、参加者が「3密」に配慮した避難所開設などに理解を深めた。 市防災危機管理課が協力。市内の自主防災.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら