脇野沢中生がミョウガの販売を体験 生徒が栽培管理

上々の売れ行きとなった、脇野沢中生が栽培管理したミョウガ
上々の売れ行きとなった、脇野沢中生が栽培管理したミョウガ
むつ市立脇野沢中(原穣校長)の全校生徒12人が8月28日、同市のマエダ本店で、自ら栽培管理したミョウガの販売を体験した。 ミョウガは同市脇野沢地区の特産で、地元食材を使った加工品開発などに取り組む住民団体「つつじの会」の協力を得て栽培した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録