花の魅力伝え四半世紀 南部町「めいぷる」惜しまれ解散へ

色とりどりの花や作品が並ぶ名川ドライフラワーセンター。工藤隆子会長(右)や西塚友子副会長ら会員が運営を担っている=8月下旬、南部町
色とりどりの花や作品が並ぶ名川ドライフラワーセンター。工藤隆子会長(右)や西塚友子副会長ら会員が運営を担っている=8月下旬、南部町
南部町でドライフラワーや押し花の魅力を発信している市民団体「アートセンターめいぷる」(工藤隆子会長)が、本年度末で解散し、四半世紀の歴史に幕を下ろす。同町の名川ドライフラワーセンターを拠点に、会員自ら草花を育て、多彩な素材や創作体験の機会を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら