米軍、六ケ所での捜索再開へ/昨年11月の模擬弾落下

米軍三沢基地所属のF16戦闘機が昨年11月、六ケ所村の民有地に模擬弾を落下させた問題で、米軍側が模擬弾の発見に向けた掘削作業を再開する方針であることが1日、関係者への取材で分かった。現在は作業に向けた調整を続けており、早ければ今月中に開始す.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら