時評(9月2日)

コロナ禍で一時1万6000円台まで急落した東京市場の株価(日経平均)は持ち直し、急落前の2万3000円水準を回復、未曽有の企業収益悪化や突然の首相辞任表明も影響は限定的で底堅く推移している。 主要国の株価も、深刻な景気後退が続く中で、立ち直.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら