牛の妊活は食の改善から 給餌アプリ、北里大准教授が開発

給餌アドバイスアプリを紹介する鍋西久准教授=8月下旬、十和田市
給餌アドバイスアプリを紹介する鍋西久准教授=8月下旬、十和田市
ICT(情報通信技術)を活用した家畜の飼育管理について研究する北里大獣医学部(十和田市)の鍋西久准教授(46)は、繁殖牛の受胎率を向上させるため、繁殖農家向けの給餌アドバイスアプリを開発した。8月に同大発のベンチャー企業を設立、今秋にもサー.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら