燧岳の風間浦側は発電必要量満たさず/オリックスの試掘結果

燧岳の地熱資源の活用を目指し、風間浦村下風呂地区で掘削調査を進めていたオリックス(東京)は31日、取材に対し、発電に必要な地熱貯留層の発見に至らなかったことを明らかにした。同社の広報担当者は「撤退は正式に決まっていないが、今後の方針は検討中.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら