みちのく丸、保存や活用に思い交錯/野辺地町

野辺地町が取得したみちのく丸。屋外展示で風雨にさらされ、劣化が進む=8月、野辺地町の野辺地漁港
野辺地町が取得したみちのく丸。屋外展示で風雨にさらされ、劣化が進む=8月、野辺地町の野辺地漁港
野辺地町が野辺地漁港に屋外展示している復元北前船「みちのく丸」の保存や今後の活用法について、行政や住民の思いが交錯している。町側は「費用に見合った誘客効果が得られていない」などとして最低限の補修による現状維持の方針を示す。これに対し、町民の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら