中間貯蔵施設、事実上合格へ/規制委、9月2日審査書案議論

原子力規制委員会は31日、リサイクル燃料貯蔵(RFS)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を9月2日の定例会合で議論すると明らかにした。了承されれば事実上の合格となり、経済産業相への意見.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら