切谷内小(五戸)で科学教室/県発明協会

プロペラカー作りに挑戦する児童
プロペラカー作りに挑戦する児童
青森県発明協会(佐々木忠一会長)は27日、五戸町立切谷内小(西久保益弘校長)で「初めての科学体験授業」を開き、児童がプロペラカーなどの工作を通じて科学の魅力に触れた。 授業は、子どもの科学的発想や創造性を育み、県の産業振興を担う人材を育成し.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら