Free「F―35A三沢基地カレー」発売/市観光協会

29日に発売した新商品「F―35A三沢基地カレー」
29日に発売した新商品「F―35A三沢基地カレー」

三沢市観光協会(相場博会長)は29日、新商品のレトルト食品「F―35A三沢基地カレー」を発売した。シリーズで販売してきた「三沢基地カレー」をリニューアル。航空自衛隊三沢基地に配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Aをパッケージのデザインに採用し、隊員食堂の味を忠実に再現したカレーで、空自三沢基地や三沢市の観光をアピールする。
 同基地の協力を得て商品化した三沢基地カレーの第4弾。豚肉と野菜のうま味やコクを凝縮させ、スパイスの配合にもこだわった、隊員食堂のカレーそのものの味を目指した。商品化に当たり、隊員食堂の協力の下、何度も試作・調整を重ね、さらなるおいしさを追求した。
 相場会長や同基地の久保田隆裕司令らが28日、市役所を訪れ、小桧山吉紀市長に完成を報告。相場会長は「空の街・三沢の観光のPRにつながればうれしい」と強調した。試食した小桧山市長は「最初は甘いかなと思ったが、食べているうちに香辛料が効いてきて、“ステルスカレー”と言ったところ。とてもおいしい」と太鼓判を押した。
 中辛で内容量200グラム。価格は648円(税込み)。三沢空港内の売店スカイマートビードルやスカイプラザミサワなど市内5カ所で販売。同協会ホームページからも注文を受け付ける。
 問い合わせは、市観光協会=電話0176(59)2311=へ。