【首相辞意表明】自民「苦渋の決断」、野党「体制早く整えよ」/青森県国会議員

安倍晋三首相が28日に辞意を表明し、青森県関係の国会議員にも驚きが広がった。自民党議員は「苦渋の決断」と気遣った上で、約7年8カ月にわたる足跡を評価し、後継総裁選びに地方の声が反映されることを望んだ。一方、新型コロナウイルス対策など課題が山.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら