【新型コロナ】情報伝達システム独自整備へ/六戸町

六戸町は28日、新型コロナウイルスの追加支援策として、スマートフォンの専用アプリや戸別受信機を活用した情報伝達システムを整備することを明らかにした。運用は来年4月からの見込みで、町によると、県内初の取り組みだという。 戸別受信機は持ち運びが.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら