【緩和ケア】ホスピスボランティア団体、施設完成に決意新た 

八戸緩和ケアを考える会に関する新聞記事を見ながら活動を振り返る越後悦子代表。「市民が望むような病棟になれば」と願いを込める=八戸市
八戸緩和ケアを考える会に関する新聞記事を見ながら活動を振り返る越後悦子代表。「市民が望むような病棟になれば」と願いを込める=八戸市
2010年から八戸市立市民病院に緩和ケア病棟の整備を訴え続けてきた同市のホスピスボランティア「八戸緩和ケアを考える会」の越後悦子会長は病棟の完成を喜ぶと共に、この10年で、がんの闘病の末に他界した仲間たちに思いをはせる。引き続き、医療スタッ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら