時評(8月28日)

インド洋の島国モーリシャス沖で日本の大型貨物船が7月下旬に座礁し、8月に入ってから千トン以上の大量の重油が流出した。懸命の除去作業が続いているが、鳥や魚のほか貴重なマングローブ林にも油が付着し、海の生態系の長期にわたる被害が懸念されている。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら