新規就農292人 過去2番目に多く/青森県、19年度

青森県が27日までに発表した2019年度の新規就農者数は292人に上り、14年度の296人に次ぐ過去2番目の多さとなった。前年の野菜販売価格が好調で、農業法人の雇用が進んだことなどが要因。野菜、果実農家への就農が多かった。県は「新たな農業者.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら