東通原発の敷地内断層トレンチなど視察/県原子力政策懇

東北電力の社員(左奥)から敷地内断層の試掘溝の説明を受ける委員=27日、東通原発
東北電力の社員(左奥)から敷地内断層の試掘溝の説明を受ける委員=27日、東通原発
専門家らでつくる青森県原子力政策懇話会が27日、東北電力東通原発(東通村)を視察し、新規制基準の審査で長く議論の焦点となっていた敷地内断層の試掘溝(トレンチ)や、安全対策設備を確認した。 県は原子力施設の安全性や地域振興といった課題への意見.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら