外来種「ツマジロクサヨトウ」の幼虫、五戸で見つかる 青森県南で初確認

ツマジロクサヨトウの幼虫(青森県病害虫防除所提供)
ツマジロクサヨトウの幼虫(青森県病害虫防除所提供)
青森県病害虫防除所は27日、イネやトウモロコシなどに寄生する外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」の幼虫18匹が、五戸町の飼料トウモロコシのほ場で発見されたと発表した。県南地方では初確認。同防除所は薬剤散布の徹底と、発見時の早急な連絡を呼び掛けて.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら