手彫りにこだわり半世紀 印章店の堀内さん(二戸)

「喜んでもらえるはんこを作りたい」と作業に励む堀内青巒さん=8月上旬、二戸市
「喜んでもらえるはんこを作りたい」と作業に励む堀内青巒さん=8月上旬、二戸市
二戸市で約50年にわたって手彫りのはんこを作り続けている職人がいる。同市で印章店「大江堂(たいこうどう)」を営む堀内青巒(せいらん)(本名・正人)さん(70)。書家・篆刻(てんこく)家として活動している。一方、新型コロナウイルスの影響でリモ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら