時評(8月24日)

使用済み核燃料の再処理に伴って発生する高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定を巡り、第1段階の文献調査に北海道寿都町が応募を検討している。いわゆる「核抜き条例」を持つ道内では、風評被害の懸念などと相まって反発の声が上がる。 2007年に高知県.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら