【再処理完工延期】目標実現は不透明「急ぎすぎ」不安の声も

使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の完工目標を2022年度上期に1年先送りすると表明した日本原燃。6年半に及ぶ新規制基準の審査を終え、安全対策工事の物量が固まり、完工までの道筋が見えてきた。審査の長期化を理由としてきた過去の数度にわたる延.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら