ヒラメ資源、劇的回復に貢献 階上での栽培事業30周年

体長約6センチまで育ったヒラメの稚魚=7日、階上町
体長約6センチまで育ったヒラメの稚魚=7日、階上町
階上町の青森県栽培漁業振興協会(木浪昭代表理事)が、全国に先駆けて漁業者と行政一体で取り組んできたヒラメの栽培事業が本年度で30周年を迎えた。「青森モデル」として各地の模範となった同事業は、県のヒラメ漁獲量の劇的な回復をもたらした。だが、近.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら