爽快「緑のカーテン」観光資源 に 田子唯一のホップ園地で茶会

田沼義行さんのホップ畑で開かれたお茶会。“緑のカーテン”に包まれ、参加者の笑い声が響いた
田沼義行さんのホップ畑で開かれたお茶会。“緑のカーテン”に包まれ、参加者の笑い声が響いた
青森県南の三戸郡や岩手県北地方で半世紀前から栽培されてきた、ビールの原料「ホップ」。近年はビールの消費量減少などから生産者離れに歯止めがかからず、産地は苦境に立たされている。そんな中、田子町で唯一の栽培農家となった田沼義行さん(63)の園地.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら