【超高齢社会の先へ】第3部 介護の未来(5・完)

介護の魅力発信サポーター隊は、高校や公民館などに出向いてレクチャーを行い、介護職のやりがいを伝えている(写真はコラージュ)
介護の魅力発信サポーター隊は、高校や公民館などに出向いてレクチャーを行い、介護職のやりがいを伝えている(写真はコラージュ)
介護業界は「3K(きつい、汚い、給料が安い)」というネガティブなイメージがつきまとっているために人材が集まりにくく、慢性的な人手不足が課題となっている。そんなイメージを払しょくしようと、青森県内の若手介護士らが立ち上がった。2015年11月.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら