【新型コロナ】長期化で心身に及ぼす悪影響懸念/反町教授「支援と心のケア両立を」

新型コロナウイルス下の生活が長期化し、市民の心身に及ぼす悪影響が懸念されている。体調不良に加え、外出自粛や感染への強い不安などが重なり、精神的な不調を来す「コロナうつ」といった言葉も生まれた。経済情勢の悪化に伴い、自殺者増加の危険性が高まる.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら