時評(8月10日)

青森県産業技術センター林業研究所(平内町)が開発したアラゲキクラゲの新品種「青森きくらげ」の県内販売が7月から始まった。同時期に華々しく全国デビューを飾り、注目を集めた県産サクランボの独自品種「ジュノハート」の陰に隠れた感は否めないが、地道.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら