「防災対策に役立てて」三沢燃料組合が市に10万円寄付

三沢燃料組合(宮野楠見組合長)は5日、三沢市の防災対策に関する事業に役立ててほしい―と、市に対し現金10万円を寄付した。市は避難所での感染症対応に用いる資機材の整備に充てる方針。 市によると、同組合による防災対策への寄付は今回で10回目で、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら