Free“味変”するリンゴサイダー登場/サンキューバナナ(十和田)

新登場したリンゴサイダー「サンキューリンゴ」
新登場したリンゴサイダー「サンキューリンゴ」

十和田市稲生町の市観光物産センターに併設されているバナナジュース店「サンキューバナナ」に、地元産リンゴを使ったリンゴサイダー「サンキューリンゴ」が登場した。夏にぴったりな爽やかな味わいに加え、「リンゴ氷」が溶ける過程での味の変化も楽しめる。1日20杯限定、1杯390円(税込み)。
 サンキューバナナは京都市にある専門店。十和田店は2号店として6~8月の期間限定で設けられ、同市の十和田奥入瀬観光機構が運営している。 これまでバナナジュース「サンキューバナナ」(税込み390円)のみの販売だったが、7月30日にサンキューリンゴも追加した。
 サンキューリンゴは、同市深持の中こう果樹園で生産、加工した無添加の商品を使用。甘さ抑えめのリンゴサイダーに、リンゴジュースで作った氷を入れた。
 同機構の担当者は「飲み始めはさっぱりだが、徐々に甘味と酸味がプラスされる。変化する風味を楽しんで」とPRする。
 十和田店の営業は31日まで。時間は午前10時半~午後6時半。定休なし。
 問い合わせは、同機構=電話0176(24)3006=へ。