【新型コロナ】市内の小中高生が出場、腕前競う/十和田市民防犯剣道大会

マスクを着けて熱戦を繰り広げる選手
マスクを着けて熱戦を繰り広げる選手
十和田市の志道館で2日、第46回市民防犯剣道大会が開かれた。同市で本年度初めてとなる大会には、市内の小中高生約90人が出場。新型コロナウイルス感染予防のため、マスクを着用しながら、磨いてきた腕前を競い合った。 市剣友会と十和田地区防犯協会が.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら