Free40周年ガンプラに協力/エプソンアトミックス(八戸) ガンダリウム合金を再現

ガンダリウム合金を再現して商品化したガンダムのプラモデル(BANDAI SPIRITS提供)
ガンダリウム合金を再現して商品化したガンダムのプラモデル(BANDAI SPIRITS提供)

おもちゃの製造、販売などを手掛ける「BANDAI SPIRITS」(東京)は、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する「ガンダリウム合金」を模した金属素材を使ったガンダムのプラモデル(通称・ガンプラ)を商品化し、同社の公式ショッピングサイトで予約を受け付けている。ガンプラ発売40周年記念プロジェクトの一環。“素材開発の集大成”に位置付けるガンダリウム合金の精製には、八戸市の企業「エプソンアトミックス」(大塚勇社長)が協力した。
 商品は「ガンダリウム合金モデル1/144 RX―78―2ガンダム」で、価格は税込み22万円。全高は約12・5センチ。7月21日の予約開始後、わずか1分で完売した人気ぶりで、現在は2次予約の受け付け中だ。
 ガンダリウム合金は、劇中でガンダムの装甲材などに使われているチタン系合金で、低重力下の月面で精製された。今回はアニメの設定に倣い、チタニウム、アルミニウム、希土類イットリアを混ぜ、MIM法と呼ばれる最新の金属成形技術で再現。プラスチック製の内部フレームに、“地球版ガンダリウム合金”を装甲としてはめ込み、組み立てることができるという。
 プロジェクトに協力したエプソンアトミックスは、八戸市内の本社工場と北インター事業所の2拠点体制で生産活動を展開。スマートフォンやウエアラブル端末など、多様な電子部品の原材料となる微細合金粉末の生産を主力事業とし、金属射出成形による部品製造なども手掛ける。微細合金粉末の生産では世界トップシェアを誇る。