積水化学のエタノール実証施設着工へ/久慈

神事で工事の安全を願う関係者=7日、久慈市侍浜町
神事で工事の安全を願う関係者=7日、久慈市侍浜町
久慈市侍浜町に可燃ごみからエタノールを生産する実証プラントの新設を進める積水バイオファイナリー(東京、両祖徹社長)は7日、市侍浜市民センターで建設安全祈願祭を行った。現在は用地造成中で、2022年3月の稼働を目指して工事を進める。 同社は、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録