21年3月期の売上高24%減/大平洋金属 利益面は改善へ

八戸市にフェロニッケルの製造拠点がある大平洋金属(本店・東京)は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で未定としていた2021年3月期通期(20年4月~21年3月)の連結業績予想を発表した。前期実績との比較で、売上高は24・5%減の333億.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら