老朽化の第1魚市場対応課題 八戸港基盤整備事業が本年度終了

老朽化が進む八戸市第1魚市場=4日、同市
老朽化が進む八戸市第1魚市場=4日、同市
八戸港の漁業施設の高度衛生化などを盛り込んだ水産庁の「八戸地区特定漁港漁場整備事業計画」が本年度で終了する。2002年度から約20年間の整備により、施設の更新や耐震化が進んだ一方、新設の荷さばき施設A棟は稼働が低迷。整備方針の柱とも言える港.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら