シベリア抑留死 岩泉さん(大間出身)の遺骨、77年ぶり“帰郷”

岩泉長治さんの遺骨を受け取る、おいの岩泉盛利さん(左)=6日、大間町奥戸
岩泉長治さんの遺骨を受け取る、おいの岩泉盛利さん(左)=6日、大間町奥戸
第2次世界大戦後のシベリア抑留中に死亡し、日本政府派遣の遺骨収集団が収容した遺骨の身元が大奥村(現大間町)出身の岩泉長治さんと分かり、6日に遺族に返還された。1943年に旧日本軍に入営後、77年ぶりの“帰郷”となり、おいの岩泉盛利さん(76.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら