「ジュノハート」20年産販売終了 ブランド化へ模索続く

全国デビューを果たした「ジュノハート」。販売面で課題が浮き彫りとなった=7月3日、東京(代表撮影)
全国デビューを果たした「ジュノハート」。販売面で課題が浮き彫りとなった=7月3日、東京(代表撮影)
青森県産サクランボの独自品種「ジュノハート」の2020年産販売が終了した。今年は全国デビューを果たし、販売関係者からは「見た目のインパクトが良い」といった消費者への訴求力を評価する声が上がった。一方、原価高による店側の負担増や、高級路線以外.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら