「浄法寺漆」今季初出荷 長雨影響、量少なくも高品質

漆の粘り気やつやなどを審査する浄法寺漆認証委員(左)=5日、二戸市
漆の粘り気やつやなどを審査する浄法寺漆認証委員(左)=5日、二戸市
国産漆の約7割を生産する日本一の産地・二戸市で5日、「浄法寺漆」が今季初めて出荷された。岩手県浄法寺漆生産組合(泉山義夫組合長)に所属する漆搔き職人が6月から7月中旬ごろまでに採った「初辺」と呼ばれる漆が中心で、文化財修復事業者や漆精製業者.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら