【連載・再処理工場正式合格「識者の目」】インタビュー(6)名古屋大博物館 吉田英一教授(58)「現状の情報発信、強化を」

資源エネルギー庁や原子力発電環境整備機構(NUMO)は、2017年7月公表の(高レベル放射性廃棄物の最終処分地の適性を表した)科学的特性マップに基づいて対話型全国説明会を行っている。 処分地選定に向けた方向性は合っていると思うが、公表当時の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら