【新型コロナ】特養施設に手作りマスク寄贈 八戸西高ボランティアサークル

利用者(左)に手作りのマスクをプレゼントする八戸西高の生徒
利用者(左)に手作りのマスクをプレゼントする八戸西高の生徒
新型コロナウイルスの感染対策に役立ててもらおうと、青森県立八戸西高のボランティアサークルに所属する1年生6人が7月31日、八戸市の特別養護老人ホーム「ハピネスやくら」を訪れ、利用者と職員に手作りのマスク200枚をプレゼントした。 同校では、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら