奥入瀬渓流遊歩道の枝無断伐採、環境省と青森県教委が調査開始

切断された枝を調べる環境省の職員=3日、十和田市
切断された枝を調べる環境省の職員=3日、十和田市
十和田八幡平国立公園の奥入瀬渓流の遊歩道で、手で折られたり、切断されたりした木の枝が見つかったことを受け、環境省は3日、現地調査を始めた。同省は自然公園法違反に当たるとの認識を示しており、今週中に全体の被害の全容を把握する。 奥入瀬渓流は、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら