【連載・再処理工場正式合格「識者の目」】インタビュー(5)東北大大学院 高橋信教授(56)「良い現場の工夫、共有を」

日本原燃が安全性を高めていくためには、ヒューマンエラーは起こりうる前提で、トラブルの数字ばかりに固執しすぎない制度や環境の構築、醸成が必要だ。各ルールが安全上、どの程度重要なのかを作業員に理解させた上で、良い現場で実践されている「調整」事例.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら